犬の留守番は室内ゲージが理想!

なたがお出かけする時愛犬はお留守番。

その時どうやってお留守番させていますか?

室内?お留守番の時はお庭などの室外?

犬を留守番させる時、理想的な環境や注意点についてご紹介します。

rusuban

犬だけのお留守番。どうする?

愛犬を連れていけないところに
あなたが外出することになりました。

当然、犬はお留守番するようになりますよね?

「室内でお留守番させると色々いたずらして
帰ってきた時片付けるのが大変!」

外出中のイタズラを対策したいという考えもあるでしょう。

「お部屋の中のものを、間違って食べちゃったら
危ないから・・・」

確かに、あなたが見ていない時に
何か飲み込んでしまうのも危険です。

犬をお留守番させる時は
色々気を使うところだと思います。

 

さて、そんな犬のお留守番ですが
あなたはどのようにお留守番させていますか?

 

犬をお留守番させる時は庭など室外に出す場合

お庭のあるおうちや、ワンちゃんがいるスペースを
確保できる場所があるご家庭では
犬のお留守番は外に出しておくという方もいますよね?

この場合は、犬が自由に歩けるくらいのスペースを確保し
フェンスなどで囲って犬専用のエリアを用意してあげましょう。

フェンスを張ることで他人がむやみに手を出したり
犬が花壇などを荒らしてしまうのを防ぐことができます。

 

ただ、室外でお留守番させると
吠える犬になる可能性があります。

犬は、自分のテリトリーを防衛する本能があります。

ですから、近くを通りかかった人間や
猫などに対して、吠えて防衛しようとします。

室外で留守番させるメリットとデメリット
<メリット><デメリット>
  • 目の前を通る人を眺めて退屈しのぎができる
  • 室内をいたずらされる心配がない
  • 誤飲による事故を防ぐことができる
  • 気性が荒くよく吠える犬になる可能性がある
  • しっかりフェンスで囲う必要がある
  • 空調の管理ができない

 

さて、愛犬を室外でお留守番させるときの
メリットとデメリットをご紹介しました。

デメリットとして「空調の管理ができない」わけですが
暑さや寒さに弱い犬種もいます。

そのような犬は絶対室内でお留守番をさせないといけません。

次は、室内でお留守番をさせるときの
環境について見ていきたいと思います。

できるだけ室内でお留守番させる方がいい

できるだけ、無駄に吠えないで
ゆったり落ち着いた性格の犬にしたいと
思っている方は室内でのお留守番にしてあげてください。

 

犬の吠える声でご近所とのトラブルも
避ける事ができますしね(^^)

 

室内で留守番をさせるとイタズラが心配

という方は、サークル(室内ゲージ)で
犬専用のスペースを作ってあげる
イタズラもできませんし安心です。

サークル内から出られないので誤飲の心配もありませんね(^^)

 

お留守番の時のサークル内には
犬が排泄できるようトイレやペットシートを置いておき
犬が遊べるように、安全な犬用のおもちゃを
入れておいてあげましょう。


水も忘れずに用意してあげてください。

 

部屋の中は、愛犬のために空調もしっかり調節しておきましょう。

特に真夏などはクーラーを入れておかないと
熱中症になってしまいます!

 

これだけしっかり用意しておけば
犬を残して外出しても犬も人も安心ですよね♪

1人でお留守番している犬のためにも
管理の行き届いた空間にいらせることに
気を配ってあげたいですね(^^)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です