犬のあまがみ対策は?やめさせるしつけ方!

【この記事の所要時間:約 4 分】

~ん・・・けがをする程でもないからなぁ」

愛犬の甘噛みに悩んでいる飼い主さんも多いです。

けがをするほどではないけどやっぱり甘噛みは痛いものですよね(^_^;)

そんな困った甘噛みをやめさせるには?対策方法をご紹介します。

amagami
「そんな可愛い顔で甘噛みされたら、、もう(≧∀≦)キャー♡」

やっぱり甘噛みはやめさせる?

犬は噛みつく動物です。

特に幼いうちや、力の弱い小型犬など
甘噛みだったら大きな怪我にならないかもしれません。

でも、それがそのうち傷跡が残るくらいの
本気噛みにつながるおそれがあるのは事実。

やっぱり、甘噛みの段階で
やめさせるようしつける必要があります。

 

子犬の頃は特に、何にでも興味を示しますし
それを噛んで確認しています。

また、乳歯から永久歯に生え変わるのも
子犬の時期なので、歯がむず痒いんですね。

ですから、なんでもかんでも噛んじゃダメ
というのではなく、人の手だけは噛んじゃダメ
と教えるようにしていきます。

 

甘噛みを対策する上で重要なのは
子犬がいつまで親や兄弟犬と一緒に過ごしたか?
ということです。

子犬の社会化期でご紹介しましたが
兄弟犬同士の遊びや母犬のしつけを通して
噛む強さというのを学んでいきます。

ですから、大切なこの時期
しっかりと兄弟犬や母犬の元で学べた犬と
早くから一人になってしまった犬とでは
早く一人になった犬のほうが強く噛む傾向にあります。

できれば、社会化期を兄弟犬とともに過ごし
犬社会のルールを覚えるのが理想です。

甘噛みの対策方法!しつけ方

それでは今度は具体的な甘噛み対策をご紹介します。

甘噛みの対策で重要なのは
飼い主であるあなたの行動です。

あなたが態度や行動で、愛犬に
甘噛みをしてはいけないとしつけましょう。

甘噛みをされた時は?

甘噛みをされた時、そんなに痛くなかったとしても
「痛い!!」と叫んでください。

この時特に重要なポイントは

低い声で大きく叫ぶ

ということです。
高い声で叫ぶと、逆に「反応された!」
と喜んでしまって増長させたり
興奮させたりするので逆効果になります。

低い声で叫んでください。

母犬がしつけをするでご紹介したように
母犬が子犬を怒る時、子犬の口を噛んで
低い声で唸ります。
低い声を出すことで、怒られた
と感じることができるので低い声で叫びましょう。

低い声で叫んだ時、愛犬がびっくりして
噛むのをやめたら成功です。

甘噛みをされるたびにこれをくりかえしてください。

なかなか甘噛みが治らない時は?

びっくりさせる作戦もダメな場合は
愛犬に背中を向けてしまってください。

そして、愛犬を無視します。

ここで、もし遊んで欲しそうに吠えても
かまって欲しそうにくっついてきても
少しの間は完全に無視をします。

犬にとって、大好きなあなたに無視をされるのは
とってもつらいことなんですね(´・ω・`)

でも、そのイヤことがある体験によって
してはいけないことを学べるんです。

愛犬に無視をしているということを
しっかり伝えるようにわかりやすく背中を向けてください。

それでもダメな時の対策!

まずは低い声で叫んでみました。

それでもやめない時は、背中を向けて無視しました。

このように、飼い主であるあなたが
不快に思っているということを伝えたんですが
それでも甘噛みがいっこうに治らない時は
愛犬を1人にして、部屋を出てしまってください。

その時、愛犬に声をかけることなく
無言で目も合わさずに部屋を出ていきます。

少ししたら部屋に戻って大丈夫ですが
すぐにかまうのはやめて普通に生活してください。

SPONSERD LINK

もしも本気で噛むようなら・・・

甘噛みがいけないということを
小さい頃から教えておくと、
本気で噛むようなこともありません。

でも、すでに噛む癖がついてしまっていたり
どうしても強く噛んでしまうという場合は
プロの手を借りたほうがいいでしょう。

もし愛犬が小型犬だったとしても
顎の力は結構強いですし
犬歯は鋭いので十分ケガをします。

家族がけがをするのも大変ですが
もし他人にケガをさせてしまうと
それこそ重大な責任問題になってしまいます。

プロの手を借りたほうがいいでしょう。

しつけ教室も探さないといけないですから
時間もかかると思いますが
できるだけ早めに行動してください。

万が一を考えて、ペット保険も
第三者にケガをさせてしまった場合の保障
をつけることも検討したほうがいいと思います。

sponsord link

sponsord link


おすすめの関連記事

(´ω`*)

関連記事

犬の爪は散歩で減る!爪切りが嫌いな犬にはどうする?

あなたは愛犬の爪切りをどうしていますか? 爪切りを嫌がってさせてくれない子もいますよね(T_T

記事を読む

愛犬の入手経路別で注意するポイントはこれ!

愛犬を飼おうと決まったら、どこから入手するのか? が問題になってくると思います。 ペット

記事を読む

犬を屋外で飼育するのはいけない?理由と対応策は?

犬と暮らしたい・・・ 最近では、屋外で飼っている姿をあまり見かけませんが 犬は屋外で飼育

記事を読む

愛犬のお留守番!留守中にいたずらをさせない工夫は?

愛犬のお留守番がうまくできないと困っている人必見! あなたが留守中に、愛犬が部屋の中をいたずら

記事を読む

犬との遊びは何してる?雨の日など室内での遊び方

遊びが大好きなワンちゃんと楽しく遊んでいますか? 今回は雨の日などでお外にでられない時に

記事を読む

犬の発情期とは?オスメス別の発情期の注意点と対処法!【徹底解説】

犬の発情期っていつ?時期は決まっているの?オスとメスとで違いはある? 犬を飼ったら注意をしない

記事を読む

犬のマイクロチップのメリットと価格は?義務化への賛否意見!

犬のマイクロチップとは?メリットやデメリットが知りたい!費用は? などなど犬へのマイクロチップの入

記事を読む

愛犬の運動量多くない?運動の仕方を間違ってるかも!?

うちの犬、運動不足じゃないかしら? 運動不足を心配するあまり、運動の仕方を間違えていませんか?

記事を読む

子犬を教育するのは母犬!子犬のしつけ時期はいつから?

せっかく犬を飼うなら、子犬の時から飼いたい! 子犬と言っても、どれくらいの時期から飼うのがいい

記事を読む

犬の肥満、ダイエットは運動をしてもダメ!?

肥満はあらゆる病気の原因にもなるやっかいなもの。 「よし!愛犬のためにダイエットをしてあげなき

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【しほ先生へのインタビュー】しつけ用の首輪は素人にも使えるか?

カリスマ訓練士である「しほ先生」は体罰を行わないしつけ術で問題行動のあ

犬のしつけ【しほ先生インタビュー】日本と海外の違いとは?

犬のしつけ、うまくいっていますか?同じ愛犬家でも日本と海外では結構な違

犬のしつけ!吠える成犬はもう手遅れ?大切な主従関係とは?

犬のしつけでみなさん深刻に悩まれているのが「吠える」のをいかにやめさせ

犬のしつけで吠える犬を叩くのは効果ある?ビシッとしつけるべき?

犬のしつけで吠える犬に対する対策に頭を悩ませている飼い主さんは多いです

no image
犬が吠える理由は進化の過程?犬種別吠えやすさをご紹介!

現代の私たちの社会では、犬がやたらに吠えると「無駄吠え」としてとらえて

→もっと見る

PAGE TOP ↑