愛犬の無駄吠えをしつける方法は?原因とコマンド対処法!

チャイムに吠えてしまう場合の対処法をご紹介しました。

愛犬の無駄吠えにほとほと手を焼いている飼い主さんも多いですよね(^_^;)

今回は無駄吠えの原因をいろいろな角度から認識して

飼い主さんの間違った対応と無駄吠えを上手にしつけるコマンドをご紹介します。

mudahoe
「・・無駄吠えだと・・・?無駄じゃないヤイ!失礼なヾ(`Д´)ノ」

無駄吠えをする原因はたくさんある!

犬は吠える動物だということは理解してるけど
やはりご近所のことを考えると
いきおいよく吠えることはやめさせたい・・・

どうしてそんなに吠えるのか
愛犬の気持ちをいまいち理解できないので
わたしたちは「無駄吠え」と呼んでいます。

 

でも、ワンちゃんからすると
わたしたちが鼻歌をうたっているとか
独り言を言っているのとは違って
ちゃんと理由があるんですね。

無駄吠えをする原因

犬が吠えるのはわたしたちに何かを
訴えていたり、吠える理由がある時です。

主に考えられるのは

  • 攻撃
  • 要求
  • 不安
  • 痛み
  • 防衛
  • 脅迫

などが考えられます。

攻撃

自分の嫌いな相手や、
自分にとって敵と認識した相手を
倒そうとして攻撃するために吠えます。

要求

何かを求めてねだっている時です。
ごはんやおやつ、あなたの反応などを
ほしがって吠えます。

不安

小型犬に多いですが、何かに不安を
感じた時に吠えます。
社会化が十分に行えていない時が多いです。

痛み

体の痛みがあるときにも吠えます。
体の何処かを触られた時など
不快な症状があることが考えられます。

防衛

自分もそうですが、あなたや家族を
守ろうとして吠えます。
家族の中でリーダーが自分と思っている
可能性があります。

脅迫

相手を威嚇するときに吠えます。
攻撃的な場合もありますが
警戒のために吠えることもあります。

間違った対応をしていませんか?

このような原因で犬は吠えているわけですが・・・

でも、原因はあるにしろ、
必要以上に吠えさせるのはよくありません。

あなたの対応が間違えていると
愛犬は吠えを増長させてしまうんです。

ですから、まず愛犬が吠えた時
あなたはこんな行動をしていないか?
思い出してみてください。

間違えている飼い主の行動

◯吠えている愛犬を抱きかかえる

◯静止させるためにリードで引っ張る

◯むやみに怒る

◯おやつでその場だけ静かにさせる

◯大声を出すなど過剰な反応をしている

◯叩くなどの体罰を与えている

 

これらすべて間違えています。
あなたがこれらの行動をとっていると
愛犬の無駄吠えは解決しないと思ってください。

無駄吠えをすべて解消するには
愛犬を地道に色々なことに慣らしていくのが正解です。

飼い主さんにとっては本当に根気のいる
作業になるんですね(T_T)

 

もし、今までに思い当たる行動をとっていて
愛犬が成犬になっていたり、
吠える勢いがすごいということなら
プロの力を借りるのが近道になります。

プロのしつけ方法を教えてくれる教材を
参考にするのもいいですし
近くのしつけ教室に通う方法でもいいでしょう。

頑固になってしまった無駄吠えには
一度プロのしつけ方法で矯正すると
早く解決するのであなたのストレスが
ずいぶんと軽くなると思います(*^^*)

無駄吠えをさせないコマンドレッスン

「私は根気もあるし、私のしつけで
問題を解決したい!」

と考えられる場合のために、
愛犬の吠えを逆に利用して
吠えるためのコマンドと、静かにするコマンドを
覚えさせるという方法がありますので
ご紹介します。

ワン!ワン!大作戦

1,遊びでテンションを上げさせて、吠えやすい状況を作る。

2,愛犬が吠えるようになったら、あなたが「ワン!」と言い、コマンドとして覚えさせる。

3,少ししたら、吠えている間に「シー!」と言ってください。

4,ここで、「シー」と言った時に吠えるのをやめたらすかさずいっぱいほめてください。

 

これだけなんですが、愛犬が覚えるまで
根気よく何度も行うようにします。

すると、ワン!のコマンドで吠え、
シー!のコマンドで、吠えるのをやめるようになります。

吠えるのも吠えなくするのも、
コマンドで制御するわけなんですね。

これを教える時は、ほめるタイミングと
ほめ方が重要になってきます。
愛犬が嬉しいと思うように
オーバーリアクションでほめるようにしましょう(^^)

 

困った愛犬の無駄吠えですが
無駄吠えをなくすためには
あなたの根気と愛情が重要になってきます。

あなたのストレスにならない程度に
しつけを行うようにしてくださいね(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です