犬の肥満、ダイエットは運動をしてもダメ!?

満はあらゆる病気の原因にもなるやっかいなもの。

「よし!愛犬のためにダイエットをしてあげなきゃ!」

人間で言えばダイエットをする時って、運動しますよね?

それじゃ、愛犬のダイエットも運動量を増やせばいい?

diet1

犬のダイエットも運動量を増やすの?

「最近、うちの子ちょっと太り始めちゃったかしら・・」

犬の健康診断で獣医さんのところに行くと
肥満度のチェックはされると思います。

それでちょっと太り気味だと、厳しく注意されることもあるでしょう(^_^;)

犬をダイエットさせるときに運動量を増やして
減量させようとする飼い主さんもいると思います。

さて、犬のダイエットに運動は効果があるのでしょうか??

 

 

じつは・・・

 

犬のダイエットに運動量を増やすというのは
あまり効果が無いんです!!

人間のダイエットだと、必ず有酸素運動とか
筋トレで筋肉量を増やすとかありますよね?

 

でも残念なことに犬は人間と違って
運動量を増やして減量をしようという方法は
効果も少ないですしオススメできません

 

なぜ、オススメができないかというと、
犬の世界も、6歳を過ぎて中高年世代になった犬が
太り始めることが多いです。

そんな中高年世代の犬にこれまでの運動量より
多く運動をさせるということは
体に負担をかけてかえって健康を損ねる原因
になるんですね。

 

ですから、あなたの愛犬が太り始めたから
ダイエットをしようと思った場合は
運動量を増やすという方法は避けたほうがいいでしょう。

 

もし、減量が必要な犬に対しては
普段のドッグフードを減量用のものに変えたり
おやつをやめるといった食事の見直しをしてください。

diet

 

減量をするのに運動量を増やすのは
あまりよくありませんが、運動をさせないというわけじゃありません。

犬の犬種や年齢、健康状態などにあわせて
必要な運動はしてあげるように心がけてくださいね♪

当サイトでは犬種別のご紹介のところで
必要な運動量の目安を載せています。

是非参考にして毎日の散歩や運動をさせてあげてください。

犬のダイエット、与え過ぎないのが基本

食事の回数については前回ご紹介したように
健康な成犬の場合、朝晩の2回が一般的です。

普段から食事の基本は

「腹八分目で与え過ぎないこと」

が大切です。

出された食事を犬が一気に食べて、
もう少し食べたそうな様子を見せるくらいが適量
といわれています。

「まだお腹すいているみたいなのに
我慢させるのはかわいそう・・・」

そのように思ってしまう飼い主さんの気持ちもわかりますが
太り過ぎになってダイエットするほうがかわいそうでしょう。

 

それに本来、犬は祖先であったオオカミ時代から
狩りをして食事にありついていた動物です。

人間と暮らし始めても、人間の仕事を手伝う事が多かった犬は
食べられるときに食べて、食べられなければ食べられる時まで
我慢をする生活が長かったんです。

犬にとって絶食はそれほど苦ではないことなんだそうです。

ですから、肥満になって健康を損なうおそれがある犬に
獣医さんから時に1食か2食抜くという
「絶食」をすすめられる場合もあるようです。

 

できることなら、肥満になって絶食させる
ということがない方がいいですよね(^^)

普段から、腹八分の食事量に気をつけてください。

 

もし、肥満や肥満による病気の場合は
獣医さんとよく相談をして、
獣医師の指示を守った減量法を行って
愛犬の管理をしてあげてくださいね(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です